インフォメーション

産-1フォトグランプリ 受賞作品発表

  category:おしらせ

お待たせしました!
「産山村の魅力を世界に!伝えよう。」をテーマに
2016年12月14日~2017年1月31日の期間に渡って募集してまいりました
『産-1フォトグランプリ』の受賞作品を発表いたします!

ご当選されました皆様、おめでとうございます!
順次SNSメッセージを通じてご当選と賞品送付のご連絡をさせていただきますので
よろしくお願いいたします。

【グランプリ】5撰

西田 淳一さん 「2016 秘所写真整理」

植物の赤い曲線が、水源の清らかな時の流れを感じさせてくれます。

ひっとみーさん 「お母さん出たよー!」

大草原でマイペースな牛さんは、いつでも子どもたちの人気者!

くまもとDMCさん 「産山村の夜空は、暗いけど明るいです。」

あの光が生まれたのは遠い遠い昔…前前前世につながる星空。

島田 史郎さん 「扇棚田の夜明け」

産山村を代表する風景のひとつですね。朝焼けがとても美しい。

けんけんさん 「産山と少女」

澄んだ空気感に心洗われます。

【準グランプリ】10撰

古閑んタッキー 「朝晩が少し涼しくなってきた「ヒゴタイ公園キャンプ村」です。」

産山の風景に溶け込んだ二人の幸せそうなシルエットが素敵です。

中島 久宜さん 「山吹水源のホタル 熊本県産山村」

静謐な水源に飛び交うホタルの幻想的な舞い。ぜひ直に見て頂きたいです。

福島 優さん 「産山村の山吹水源。水の透明度が違いました。」

ソーダの味がしそうな、目にも爽やか美味しい清涼感です。

坂本 美恵さん 「のんびりドライブ」

うぶやま牧場を周遊する子供たち☆

更紗さん 「ヒゴダイ公園」

うぶやまは空が近い。青々と輝く初夏の一枚。

西村 美奈さん 「野焼き風景」

生で野焼きを見たい方は3月頃に産山村に見に来て下さいね!

井澤 るり子さん 「産山は苔まで愛しい!」

厳しい自然を生き抜く苔。地味ながらファンは多いのです。

阿南 英治さん 「ubuyama memory_2」

多彩な雲が綺麗なトワイライトタイムの産山の空。

日野 正幸さん 「扇田の田の神さぁ~~^_^」

道行く人にニッコリと微笑みかける村民にお馴染みの神様。

滝本 勇治さん 「ヒゴタイと久住山」

晩夏の草原に咲く産山の村花ヒゴタイ。

※受賞された皆様には、順次SNSメッセージを通じて
ご当選と賞品送付のご連絡をさせていただきますのでお待ち下さい。

【産-1フォトグランプリ】多数のエントリーありがとうございました!

  category:おしらせ

産山村の魅力を皆さんのSNSからの投稿写真で再発見する企画・
『産-1フォトグランプリ』へのたくさんのエントリー、ありがとうございました!
1月31日を以もって作品応募は締め切らせていただきました。

素晴らしい風景、ステキなシーンがいっぱい集まりましたね ^^ ☆

皆さんの作品をこうして並べて見てみると、
産山村というのは、空と大地がひたすら遠くまでずっと続く
なかなかお目にかかれないような美しい景色に恵まれた村なんだなあ、と
まさに再発見した思いです!

みなさまの応募作品☆

★★★ グランプリ選考について ★★★

2月中旬『産-1フォトグランプリ』のページにて発表

厳正なる審査の上、2月中旬に、本サイト『産-1フォトグランプリ』のページにて
グランプリ、準グランプリを発表します。

★ グランプリ賞品の発送について ★

★受賞された皆様には、SNSメッセージを通じて
当選と賞品送付のご連絡をさせていただきます。

★その際、今回エントリーいただいた投稿写真の原版(オリジナルデータ)の
ご提供をご依頼する場合もありますが、何卒ご協力頂ますようお願いいたします。

※賞品発送の目的で、当選者様の個人情報をご提供いただきますが、
本サイトのサイトポリシー>個人情報の取り扱い
に則って慎重に情報を管理いたします。

「野焼き」Movie

  category:おしらせ
産山村の牧野では毎年3月中旬から下旬にかけて
「野焼き」を行います。

産山村牧野 野焼き

» 産山村 牧野「野焼き」 – YouTube

産山村の野焼きは阿蘇の外輪山に広がる草原から
九重連山の裾に広がる雄大な高地の草原まで
変化に富んだ地形の上で行われます。

牧野の方々や関係者、集落の人々の協力で危険と隣り合わせの中で行われる「野焼き」は
1000年前からこの地に続く伝統と歴史的な行事であると同時に
草原を維持していくために絶対に必要なものなのです。

害虫駆除や新しい草が良く生えるように枯れ草を焼くという役割だけでなく
野焼によって木が生い茂るのを食い止めこの雄大な草原の景色を維持し続けるという
重要な意味もあるのです。

阿蘇に広がるカルデラの山々の草原がそこかしこで燃え上がる様は
世界でも類を見ない壮大な景色です。

“Field Burning” Movie

Here at Ubuyama’s fields, we do a field burning from mid-March to the end of March.

Field Burning

» Ubuyama Ranch “Field Burning” – YouTube

The field burning of Ubuyama will be done on varied terrain from the grassland that stretches across the lower ring of Aso to the splendor that sweeps the hem of the Kuju mountain range.
This dangerous “field burning” which takes place with the help of the people of the village began about 1000 years ago, and it is both a historic tradition and an essential part of keeping the grassland healthy.
Burning the weeds for pest control and in order for the new grass to grow properly is not the only reason. This also prevents trees from growing too tall and thus preserves the wonderful view of the meadow.
The smoke that seemingly erupts from the caldera of Aso is a spectacular view that is unparalleled in the world.

《烧荒》Movie

在产山村的牧野,每年3月中旬到下旬都会“烧荒”。

《烧荒》Movie

» 产山村 牧野《烧荒》– YouTube

从阿苏二重火山旧喷口壁的草原延伸至九重连山山脚下的辽阔高地草原,此处地形变化多端,产山村的烧荒就在这里举行。
在牧野的人们,以及各村落的人们冒着危险协力一起举办的“烧荒”,是从1000年前就在这片土地上传承下来的传统礼仪活动,烧荒同时也是保护草原的必要措施。
烧枯草不仅发挥着杀虫并让新草更好生长的作用,而且还可以阻止树木生长得过于繁茂,维持这片辽阔草原的美丽景色。
在阿苏破火山口延伸的这片辽阔草原,各处燃起熊熊烈火,此番壮观美景世界也无出其右。

‘노야키’ Movie

우부야마무라의 목축지는 매년 3월 중순부터 하순까지 ‘노야키(잡초를 태우는 것)’를 실시합니다.

'노야키' Movie

» 우부야마무라 목축지 ‘노야키’ – YouTube

우부야마무라의 노야키는 아소의 외륜산에 펼쳐진 초원에서 구주 연산의 기슭에 펼쳐진 웅대한 고지의 초원까지, 변화가 풍부한 지형 위에서 열립니다.
노야키를 하는 분들과 관계자, 마을 사람들의 도움으로 위험을 동반한 채 열리는 ‘노야키’는 1,000년 전부터 이 땅에 이어지는 전통과 역사적인 행사인 동시에 초원을 유지하기 위해서 꼭 필요한 것입니다.
해충 구제나 새로운 풀이 잘 자라도록 마른 풀을 태우는 역할뿐 아니라. 들판을 태움으로써 나무가 무성해지는 것을 막아 이 웅대한 초원의 경치를 계속 유지한다는 중요한 의미도 있습니다.
아소로 퍼지는 칼데라 산의 초원이 여기저기서 타오르는 모습은 세계에서도 유례없는 웅대한 풍경입니다.

学びのコミュニティ「産山社子屋」スタートです!

  category:おしらせ
産山社子屋
このたび産山村では、みんなで明るいコトをもっと産み出そう!
ということで「産山社子屋(うぶやまやしろこや)」という
学びのコミュニティをスタートしました!

一言でいえば「大人も学べる村の寺子屋」です。
でも産山村は農業の村で、どちらかというと
お寺より神社が多いので社子屋です。

内容は

【農林業】【自然科学】【歴史文化】【食と健康】
【経営経済IT】【芸術】【社会科学】
など7課を中心に
各分野の先生をお迎えして講義とワークショップの二部構成で
イベントを開催します。

例えば我が村自慢の人生の先輩から、伝統的遊びや工芸体験を習ったり
古事記や産山村神話から学べる仕事術だったり
農業体験や食育ワークショップなどなど。

インターネットの出現でますます難しくなってきた現代だからこそ
神社の神様のお膝もとで、遥か昔の私たちの先祖の知恵を
体験を通して学ぶ場こそ”産山社子屋”です。

村民はもちろん、村外の大人から子供まで
どなたでも自由にご参加いただけますので
この機会にぜひ大自然真っ只中の産山村にお越しください!
超アナログな産山村で、古くて新しい気づきを!乞うご期待!

※日時や会場などの詳細は、産山社子屋フェイスブックページなどで
随時告知していきます。

産山社子屋フェイスブックページ

Presenting a place of learning, “The Ubuyama Yashikoroya”!

Let’s create more positivity here at Ubuyama!
We’ve created The Ubuyama Yashikoroya as a learning community.
To summarize, it’s a place where even adults can learn. Since Ubuyama is more focused on agriculture, we have chosen “Shrine” instead of “Temple.”

Contents:
Agriculture/Forestry, Natural Science, History/Culture, Food/Health, Business/Economy/IT, Art, Social Science
We will invite teachers from these subjects and hold lectures and workshops centered around these seven departments.

For example, we can experience traditional play and craft from someone older and wiser than us, learn work methods from old scripts and Ubuyama oral tradition, experience agriculture and food education workshops, etc.
It is precisely because the age of the Internet has us busier than ever that we should learn at the foot of the shrine god and learn through the wisdom of our ancestors at the Ubuyama Yashikoroya.
People of the village are invited, of course, but children and adults from outside the village can join freely, so please visit us at this nature-filled place! Experience awareness of the old and new at this super-analog village! Stay tuned!

*For details about the dates, times, and places, please visit the Ubuyama Yashikoroya facebook page and check for announcements.

Ubuyama Yashikoroya Facebook Page

学习社团“产山社子屋”启动啦!

产山村这次看来能够发掘出更多有意思的新鲜事物啦!我们的学习社团“产山社子屋(ubuyamayashirokoya)”启动了!
总之就是“大人也可以学习的私塾”。因为产山村主营农业,相比寺庙神社要更多一些,所以取名社子屋。

内容主要为
【农林业】【自然科学】【历史文化】【饮食与健康】
【经营经济IT】【艺术】【社会科学】等7门课程
由各领域的老师通过讲义和研讨会的两种形式开展学习活动。

例如由我村德高望重的老前辈,教大家一些传统戏耍或体验工艺制作,又或者从古事记或产山村神话学习工作方法等,又或者体验农业作业或食物相关教育等等。
现代互联网的出现,使得坐在神社神明的膝下,感受遥远祖先的智慧变得越来越难,正因为如此,我们才为大家创办这样一个可以学习体验的“产山社子屋”。
除了村民之外,村外的大人小孩都可以自由参加,请各位一定不要错过来到被大自然拥抱的产山村的机会!在这个无限还原原始风貌的产生出,感受原始与新潮的气息吧!热忱期待您的光临!
※关于具体日期与地点,将随时公布于产山社子屋Facebook页面上。

产山社子屋Facebook网页

배움의 커뮤니티 ‘우부야마 야시로코야’가 시작됩니다!

금번, 우부야마무라는 모두가 밝게 무언가를 더 창출해 내자! 라는 점에서 ‘우부야마 야시로코야’란 배움의 커뮤니티를 개시했습니다!
한마디로 ‘어른도 배울 수 있는 마을 서당’입니다. 하지만 우부야마무라는 농업의 마을로, 어느 쪽인가 하면 절보다 신사가 많기에 야시로코야(신사에 딸린 작은 서당)입니다.

내용은
[농림업], [자연 과학], [역사 문화], [음식과 건강],
[경영 경제 IT], [예술], [사회 과학]
등 7과를 주축으로
각 분야의 선생님을 모시고 강의와 워크숍의 2부 구성으로
이벤트를 개최합니다.

예를 들어, 마을 할아버지인 인생 선배에게 전통적 놀이나 공예 체험을 배우거나, 고사기나 우부야마무라 신화에서 배우는 일의 기술, 농업 체험이나 먹거리 교육 워크숍 등등.
인터넷의 출현으로 인하여 갈수록 어려워지는 현대이기 때문에, 오히려 신사에 있는 신의 무릎에서 아득한 옛날 우리 조상의 지혜를 체험을 통해서 배우는 장이야말로 ‘우부야마야시로코야’입니다.
마을 사람들은 물론 마을 외의 어른부터 아이까지 누구나 자유롭게 참가할 수 있으므로, 이 기회에 꼭 대자연이 아름다운 우부야마무라에 방문해 주세요. 초 아날로그인 우부야마무라에서 낡았지만 새로운 깨달음을 얻길 기대합니다!
※일정과 장소 등의 상세는 우부야마 야시로코야 페이스북 페이지 등에서 수시로 고지합니다.

우부야마 야시로코야 페이스북 페이지

産SNSの使い方 《改定》

  category:おしらせ

ここを見ているあなたを、うぶやまPR観光大使に任命する。

産山村のいい感じの写真を、SNSでうぶ神に届けよ
神様が写真をしっかり堪能したのち、世界へ向けてお披露目しよう。
さすれば、村人は「うぶやまPR観光大使」として自分たちの宣伝ができるし、ビジターは村の不思議な魅力を知る「うぶやま観光大使」として認められるだろう。しかも、素敵な写真には、見た人からいいね!の印である「うぶ」が押されて、うれしくなるはずだ。(さらにここだけの話だが、「うぶ」がたくさんたまったり、ナイスな写真には、神様がうれしい贈り物をしたくなる、かも…!)

すぐ参加できる!産SNSの使い方

  1. twitterやfacebookを始める
  2. 産山村に関する「お、これステキ!」「これはアピールしたい!」というモノ・コトを見つける。※村内のどこで撮っても構いません。募集テーマをサイトで事前にチェックしておくと良いかも!
  3. すかさずスマホやデジカメで写真を撮る。
  4. twitterやfacebookで、写真と投稿記事、ハッシュタグをつけて投稿する。
    ハッシュタグの書式(村人用) #産山らぶ #{募集テーマ}
    (客人用) #産山村ポータル #{募集テーマ}
    【facebookの場合】
    ●公開設定 → 「すべての人」に設定
    ●ハッシュタグはコメント先頭に入れ、コメントとの区切りに
     半角スペースを入れてください。
    ●1回につき1枚の写真のみで投稿してください。
     ※アルバム形式、動画の投稿は反映されません。
  5. アラ不思議!「産SNS」に、あなたの投稿した写真が投稿します。
    あなたが産山村の世界PRに貢献するのです!
    ※投稿が「産SNS」に反映されるまで、数十分~半日ほど時間がかかる場合があります。また、神様が不適切と判断した投稿は表示されない場合があります。